人気ブログランキング |

<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

○日時:2009年10月31日(土)
 16時ごろから準備などで人はいます。早めに来てゆっくりしてもらうのも自由です。
 「いただきます」の目安は19時ごろ(前回は19時30分からでした。)
 
○参加費:1000円前後(前回、¥1000)

○場所:たけし文化センターBUNSENDO
     浜松市中区連尺町314-1(ゆりの木通り西端の角)
     すみません、駐車場の用意がありません。

 今回はたけぶんで設備がそろっていなさそうなので、いつも通りレッツで準備してから、18時30分から19時くらいを目安にたけぶんに運びます。いつも時間が守れなくて、今回は移動まであってさらに不安ですが、がんばります。

○飲み物は持参してください。お土産も大歓迎です。

○予想メニュー:インカのめざめ

★参加希望の方はこの記事のコメント欄にて、お名前と人数を教えて下さい。
c0191080_21233224.jpg

今月のメニュー

ラザニア
鶏肉、ニンニク、オートミールのスープ
ローストポテト
ビーツの若菜

 ひさみさん、神谷さん親子、横山さん、齊藤さん、宇田さん、平山さん、石川さん、片岡さんの9名に僕を加えて、10人での晩餐でした。

 先月の終わりにテントをはってBBQにしようかと考えてましたが、予定変更。
夏の弱った体にニンニクたっぷりのスープに、がっつりとラザニアにしました。毎月じゃがいもがある気がすると指摘されましたが、そんなことない…はず。手を変え品を変えがんばっていますよ。

 前回参加を逃した片岡さんは、よなよなエールを手に現れました。レッツの近所のコンビニで売っていたらしいです。スーパーでは見かけるけど、コンビニでは珍しいですね。
c0191080_2124354.jpg


 「あたしは手伝わないから!」と宣言したひさみさんは、活字中毒ということで準備がととのうまでひたすら本を読んでいました。そういえば、たしかにいつも本を片手にいますねぇ。
読んだものがどんな風に残っているのか聞いてみたところ、キーワードっぽいところや、数字などが頭に残りやすいらしく、読んだ内容などに後日出くわした際には、「どっかで見た気がする」という感じでひっかかっているようです。

>活字中毒(かつじちゅうどく)とは、活字(文章)への「依存症」で、活字に常に接していないと気分が悪くなる
>などの症状が出る。このような症状を呈する人間は、「活字中毒者」と呼ばれる。内容ではなく本それ自体
>に愛着する「ビブリオマニア」(書痴、愛書狂)とは区別される。
>文字単体に依存する者も稀にあり、中毒者は自嘲的に「真性活字中毒」と名付けている。
>椎名誠の初期の作品で、登場人物を紹介する表現として頻繁に使用されており、『もだえ苦しむ活字中毒
>者地獄の味噌蔵』の中では、学術表記風に「連続性視覚刺激過多抑制欠乏症」とも表現されている。(wikipedia)

 到着早々つかれた顔の横山さんは、来る前に浜を散歩してパワーをもらいに行っていたそうですが、「やっぱり山じゃなきゃダメみたい~」と、難しいことをさらっと言ってました。その場にいた人は顔を見合わせ、大笑いでしたが、どうやら横山さんは自分がダメになる瞬間をちゃんと見極められるらしく、だからそこに至るまでは、感受性全開で行動しまくれるみたいです。ちゃんと自分をいたわっていて立派です。

 「小麦色のおかし」は石川さんが口を滑らせて言ってしまった台詞。やっぱりそんな言葉は存在しないようです。

 しずかちゃんは、先週はたちになりました。
 
 宇田さんと平山さんは、キッチン内の賞味期限切れ食材をたくさん発見していたようです。次は教えてください。捨てますから。

c0191080_21291560.jpg

油にはびっくりしますね~

c0191080_21262729.jpg

今回は準備がスムーズで、あまりお待たせせずいただきますができました。
みなさん、ありがとうございました。


●鶏肉とオートミールとニンニクのスープ●
 翌日、接近戦の多い仕事の方は大変ですが、作るのも簡単でおいしいです。
c0191080_2127759.jpg

オートミールが溶けて、乳白色でとろっとしてます。

1.ニンニクをすりおろしておく。
2.鍋にたっぷりの水を入れ、火にかけ沸騰させる。
3.沸騰したら火を弱め、鶏肉※、ニンニク、マジョラム(乾燥ハーブ)、潰した黒胡椒を入れる。
  オートミールは、早い段階でいれると全部溶けます。すこし食感が欲しい場合は、半量くらいを食べる30分ほど前に入れて煮てください。

※鶏肉は、丸のままでも、好きな部位だけでも大丈夫。ただ、胸肉だけだとあまり味がでないかもしれません。今回は、もも肉と手場元を使いました。

4.ふたをして、ひたすら煮込みます。2、3時間煮込むと鶏がいい具合にやわらかくなります。
  最後に、塩で味をととのえて完成。
←menuへ